確認するべきポイントについて

安全と環境への取り組みがきちんとされているか?

運行管理者がいるかを確認する

バスを安全に運行する為には、時間通りに運行する事、運転手の管理や健康状態まで厳しく把握しないといけません。
他にも道路状況や、法律についても常に最新の物を把握しないと事故が多発してしまいます。

そうした管理を行っているのが運行管理者という、安全を守る立場の人です。
多くの観光バスを扱う会社には、最低でも2人はいるそうです。

もし、どこの会社の観光バスを選べば良いのか迷っている人がいるのならば、運行管理者がいる所かを確認するのが良いです。
運行管理者がいる事により、安全管理はきちんと出来ている証拠になります。
今ではネットで予約するのがほとんどなので、多くはホームページに記載されていると思うので、安全規定の部分をチェックして見ましょう。

運行管理の強化について

数年前に起きた観光バスによる大きな事故を教訓として、運行管理の強化がなされるようになりました。
多くの観光バスを扱う会社でも、管理体制が変わったり、様々な対策をするようになってきています。

事故を未然に防ぐ為の防止策についても、定期的に点検をするようにしています。
観光バスの運転手のチェックも年々と厳しくなっています。

適性検査を毎回行う事や、飲酒していないかを二重チェックするようにもなりました。
前の記事でも紹介したように、観光バスには幅広い年代の人が乗ります。

その為、出発する前にバスの車内の点検は運行管理者が立ち合いの元、入念に時間をかけて整備するようになりました。
運行管理や安全に対する強化する意識は管理する側だけではなく、運転手や乗務員にも徐々に浸透され始めています。