確認するべきポイントについて

業界で認定されているナンバーかを確認する事

ドライブレコーダーの義務化

今まで、観光バスでドライブレコーダーを付ける事はあまり浸透していませんでした。
しかし、近年になって多くの事故が多発するようになった事で、多くのバス管理会社が取り付けを義務化したそうです。

乗務員とお客様の安全を守る事、万が一事故が起きた時の証拠を残す為に、今では一般の人も取り付けるようになってきました。
前後の所にカメラを取り付ける事で、真実が判明し、何が起きたかはっきりと証明する事が出来ます。

事故が多発するようになり、事故が起きた時の原因究明に対して時間がかかった事から合わせてデジタルタコメーターの促進も引き続き行われています。
ドライブレコーダーを装着する事により、ある程度国からの補助も受けられるそうです。

安全運転をサポートする機能を追加

最新の運転サポートにより、追突事故を未然に防ぐ事が出来る時代になりました。
観光バス選びに迷っているならば、是非とも安全運転サポートが付いているかいないかを確認して見ましょう。

安全な観光バスに乗りたいのならば、バスの性能を調べる事がとても大切だと思います。
万が一の時に、自動的にブレーキが作動するようになっており、今では観光バスだけではなく全車両にも装着されるようになってきました。

この取り組みは、実は日本では数年前から行われていました。
2014年から観光バスには取り付けが義務化されるようになりました。
運転手による人災で事故が起きる事もある事から、運転手を守る為にもほとんどの観光バスには取り付けされています。