確認するべきポイントについて

毎日バスの点検や整備をしっかりとする

安全対策の認定を受けているか

安全性の高いバスを選ぶ時、バスばかりを見るのではなく、安全対策がきちんとされている会社かどうかを確認する事も重要だと思います。
近年では、情報を隠すのではなく全て利用者や消費者に見えるようにして安全性が高い事を知らせるようになりました。

バス業界でも徐々に浸透していき、ほとんどの所では認定書を貰っています。
多くは、ホームページに記載されている事が多く、目でしっかりと確認する事が出来るようになっています。

国から認定書が出されていると言う事はそれだけ優良な所として認められているので安全性は保障されています。
それから事故に対する安全面を強化するだけではなく、未来に緑を多く残す為に環境保護にも力を入れるようになってきています。

セーフティマークについて

基準がとても厳しく設定されている為、優良のマークを取得する為には年数と得点が必要になります。
ランクは3つに分かれていて、更新は2年後に行われて行きます。
更新の際に、80点以上の得点を獲得しないと昇格が出来ないシステムになっています。

条件も細かく設定されており、基準に満たしてしないと昇格は難しいです。
こうしたセーフティマークを掲げる事で、お客様に安全性をアピールする事が出来ます。

他にも、事故や行政処分に関して、適正な順序で処理されているか、重大な事故を隠蔽していないかなど隅から隅までチェックされるのです。
きちんとした適性判断が出来る係員の元で2年事に行われています。

始めは、あまりこの認定書を掲げている会社は少なかったそうです。
セーフティマーク制度が浸透するようになると半数の所で次々と導入され、今では当たり前になっています。